西山きよたか議員 2月インタビュー インタビュー 練馬区議ウェブ議員新聞 編集室C

練馬区議ウェブ議員新聞

西山きよたか議員 2月インタビュー

2011年2月25日

インタビュー

編集室C

No.8

西山きよたか議員 2月インタビュー 編集室C インタビュー 2月インタビュー西山清孝議員

こんにちは。練馬区区議会議員議長の西山清孝でございます。
いつも大変お世話になっております。
本年は、いよいよ4月に選挙があるわけですけれど、どういったことが参考になるかわかりませんけれど、まず各地域からいろんな方が立候補するということがあります。
私の場合は石神井町在住でございますけれど、お近くに議員がいないということは、みなさまに取りまして利便性に欠けると考えております。
私も石神井を中心に活動しているわけですが、やはり身近なところで実際に、たとえば道路にしても公共施設にしても不足しているなということを一般質問や委員会等で発言しているのが現状でございます。
それをいかに、区民の皆様に反映させるかということが重要な要素の一つであります。
もちろん、練馬区全体のことも多く発言しておりますけれど、いかに住みよい街をつくっていくかということになりますと、やはり自分の住んでいる町、非常に印象も想いも深いわけですから、もちろん政党で選んでも結構ですし、主義主張で選んでも結構ですし、もう一点加えていただきたいのは、近くに議員がいたほうが私はよろしいと考えている一人でございます。
引き続き厳しい寒さが続きますが、体に十分お気遣いの上ご自愛のほど、皆様のご活躍をご祈念申し上げます。また何かありましたら、最寄りの議員に相談してみるということも試していただきたいと思います。
われわれは、定員50人、法定定員は56名のところ50人でやっておりますけれど、70万区民の代表として、耳を傾けて皆様のご要望にできる限り応えていくのが区議会議員の考え方と私は確信しております。
ウェブ議員新聞へ、記事の掲載をさせていただいておりますが、多くの区民の皆さまが閲覧されることにより区議会に興味を持たれ、練馬区の発展に貢献出来れば嬉しく思います。
何かご意見ご要望ございましたら、メールにてお知らせ下さい。

【インタビューを通して・・・】

本年度の、練馬区議会議長である西山議員は、ウェブ議員新聞の中で、議員さんの日々の活動を区民の皆さまが読みやすく解りやすくとの配慮で、フィクションの小説形式で記事の投稿をされています。
ご自宅では、奥さまのリクエストで手作りチャーシューを作られたりと、「まめで優しい旦那さま」のお顔をお持ちの議員さんで
す。

西山議員、インタビューありがとうございました!
編集室(ち)

2月インタビュー西山清孝議員

こんにちは。練馬区区議会議員議長の西山清孝でございます。
いつも大変お世話になっております。
本年は、いよいよ4月に選挙があるわけですけれど、どういったことが参考になるかわかりませんけれど、まず各地域からいろんな方が立候補するということがあります。
私の場合は石神井町在住でございますけれど、お近くに議員がいないということは、みなさまに取りまして利便性に欠けると考えております。
私も石神井を中心に活動しているわけですが、やはり身近なところで実際に、たとえば道路にしても公共施設にしても不足しているなということを一般質問や委員会等で発言しているのが現状でございます。
それをいかに、区民の皆様に反映させるかということが重要な要素の一つであります。
もちろん、練馬区全体のことも多く発言しておりますけれど、いかに住みよい街をつくっていくかということになりますと、やはり自分の住んでいる町、非常に印象も想いも深いわけですから、もちろん政党で選んでも結構ですし、主義主張で選んでも結構ですし、もう一点加えていただきたいのは、近くに議員がいたほうが私はよろしいと考えている一人でございます。
引き続き厳しい寒さが続きますが、体に十分お気遣いの上ご自愛のほど、皆様のご活躍をご祈念申し上げます。また何かありましたら、最寄りの議員に相談してみるということも試していただきたいと思います。
われわれは、定員50人、法定定員は56名のところ50人でやっておりますけれど、70万区民の代表として、耳を傾けて皆様のご要望にできる限り応えていくのが区議会議員の考え方と私は確信しております。
ウェブ議員新聞へ、記事の掲載をさせていただいておりますが、多くの区民の皆さまが閲覧されることにより区議会に興味を持たれ、練馬区の発展に貢献出来れば嬉しく思います。
何かご意見ご要望ございましたら、メールにてお知らせ下さい。

【インタビューを通して・・・】

本年度の、練馬区議会議長である西山議員は、ウェブ議員新聞の中で、議員さんの日々の活動を区民の皆さまが読みやすく解りやすくとの配慮で、フィクションの小説形式で記事の投稿をされています。
ご自宅では、奥さまのリクエストで手作りチャーシューを作られたりと、「まめで優しい旦那さま」のお顔をお持ちの議員さんで
す。

西山議員、インタビューありがとうございました!
編集室(ち)




   

西山きよたか議員 2月インタビュー