就学援助から800人排除 ―子どもの貧困 対策と実態調査を 支援費 練馬区議会議員 米沢ちひろ

練馬区議ウェブ議員新聞

就学援助から800人排除 ―子どもの貧困

2015年12月19日

支援費

米沢ちひろ

No.67

就学援助から800人排除 ―子どもの貧困 米沢ちひろ 支援費 経済的な理由で義務教育を受けることが困難な世帯に対し、給食費や学用品、修学旅行費などを補助する就学援助制度があります。 
 練馬区では、生活保護基準の1.2倍の所得世帯に適用されていますが、この間の生活保護基準の引き下げにより、この制度の認定者が昨年比で800人も減少しています。 
 子どもの貧困は深刻さを増しています。 
 私たち日本共産党練馬区議団は、制度から排除される子どもが出ないように対策を行なうこと、区として貧困の実態調査を行うことなどを求めています。 
 子どもの貧困を解消するために引き続き、力を尽くしていきたいと思います。

▼米沢ちひろ練馬区議ウェブサイト▼
http://park.geocities.jp/yonezawachihiro/

▼アメブロ▼
http://ameblo.jp/chihiro-yonezawa/
就学援助から800人排除 ―子どもの貧困 米沢ちひろ 支援費 経済的な理由で義務教育を受けることが困難な世帯に対し、給食費や学用品、修学旅行費などを補助する就学援助制度があります。 
 練馬区では、生活保護基準の1.2倍の所得世帯に適用されていますが、この間の生活保護基準の引き下げにより、この制度の認定者が昨年比で800人も減少しています。 
 子どもの貧困は深刻さを増しています。 
 私たち日本共産党練馬区議団は、制度から排除される子どもが出ないように対策を行なうこと、区として貧困の実態調査を行うことなどを求めています。 
 子どもの貧困を解消するために引き続き、力を尽くしていきたいと思います。

▼米沢ちひろ練馬区議ウェブサイト▼
http://park.geocities.jp/yonezawachihiro/

▼アメブロ▼
http://ameblo.jp/chihiro-yonezawa/

対策と実態調査を

経済的な理由で義務教育を受けることが困難な世帯に対し、給食費や学用品、修学旅行費などを補助する就学援助制度があります。
 練馬区では、生活保護基準の1.2倍の所得世帯に適用されていますが、この間の生活保護基準の引き下げにより、この制度の認定者が昨年比で800人も減少しています。
 子どもの貧困は深刻さを増しています。
 私たち日本共産党練馬区議団は、制度から排除される子どもが出ないように対策を行なうこと、区として貧困の実態調査を行うことなどを求めています。
 子どもの貧困を解消するために引き続き、力を尽くしていきたいと思います。

▼米沢ちひろ練馬区議ウェブサイト▼
http://park.geocities.jp/yonezawachihiro/

▼アメブロ▼
http://ameblo.jp/chihiro-yonezawa/




   

就学援助から800人排除 ―子どもの貧困対策と実態調査を