石神井公園周辺のまちづくり  防災機能向上の為に都市計画道路早期整備を まちづくり 練馬区議会議員 西山きよたか

練馬区議ウェブ議員新聞

石神井公園周辺のまちづくり 

2016年3月10日

まちづくり

西山きよたか

No.61

石神井公園周辺のまちづくり  西山きよたか まちづくり 【予算特別委員会にて都市計画道路の整備について区長の姿勢を問う】


○区長答弁○

阪神淡路大震災で亡くなられた方の多くが、道路が使えず救援や消防活動が間に合わなかった為の圧死や焼死であった。練馬区でこうした惨劇を絶対に許してはならない。

都市計画道路を必ず整備して、消防活動困難区域を解消しなければならない。

もちろん、道路の役割はそれだけではなく、みどりや住環境など区民生活を支え、都市発展を支える交通インフラとしての役割を担っている。

震災復興、戦災復興と2度の道路整備の機会を逃したことは、東京にとって痛恨の極みであった。

それでも都と23区は、営々として道路建設を続け、現在の東京の繁栄を支える道路網となった。

練馬区にとって今は、立ち遅れた都市計画道路の整備に取り組む最後のチャンスである。今をおいて時は無い。

「橋の哲学」と称し「一人でも反対者がいたら橋は作らない」と行政の責任を放棄した時代があった。その結果が今の練馬区である。

私たちの子孫のためにも、住民の皆様に根気よくご理解を頂きながら、歯を食いしばってでも頑張らなければと心に誓っている。

志を同じくする議員、区民の皆様と力を合わせて、都市計画道路の整備に全力を尽くす。
石神井公園周辺のまちづくり  西山きよたか まちづくり 【予算特別委員会にて都市計画道路の整備について区長の姿勢を問う】


○区長答弁○

阪神淡路大震災で亡くなられた方の多くが、道路が使えず救援や消防活動が間に合わなかった為の圧死や焼死であった。練馬区でこうした惨劇を絶対に許してはならない。

都市計画道路を必ず整備して、消防活動困難区域を解消しなければならない。

もちろん、道路の役割はそれだけではなく、みどりや住環境など区民生活を支え、都市発展を支える交通インフラとしての役割を担っている。

震災復興、戦災復興と2度の道路整備の機会を逃したことは、東京にとって痛恨の極みであった。

それでも都と23区は、営々として道路建設を続け、現在の東京の繁栄を支える道路網となった。

練馬区にとって今は、立ち遅れた都市計画道路の整備に取り組む最後のチャンスである。今をおいて時は無い。

「橋の哲学」と称し「一人でも反対者がいたら橋は作らない」と行政の責任を放棄した時代があった。その結果が今の練馬区である。

私たちの子孫のためにも、住民の皆様に根気よくご理解を頂きながら、歯を食いしばってでも頑張らなければと心に誓っている。

志を同じくする議員、区民の皆様と力を合わせて、都市計画道路の整備に全力を尽くす。

防災機能向上の為に都市計画道路早期整備を

【予算特別委員会にて都市計画道路の整備について区長の姿勢を問う】


○区長答弁○

阪神淡路大震災で亡くなられた方の多くが、道路が使えず救援や消防活動が間に合わなかった為の圧死や焼死であった。練馬区でこうした惨劇を絶対に許してはならない。

都市計画道路を必ず整備して、消防活動困難区域を解消しなければならない。

もちろん、道路の役割はそれだけではなく、みどりや住環境など区民生活を支え、都市発展を支える交通インフラとしての役割を担っている。

震災復興、戦災復興と2度の道路整備の機会を逃したことは、東京にとって痛恨の極みであった。

それでも都と23区は、営々として道路建設を続け、現在の東京の繁栄を支える道路網となった。

練馬区にとって今は、立ち遅れた都市計画道路の整備に取り組む最後のチャンスである。今をおいて時は無い。

「橋の哲学」と称し「一人でも反対者がいたら橋は作らない」と行政の責任を放棄した時代があった。その結果が今の練馬区である。

私たちの子孫のためにも、住民の皆様に根気よくご理解を頂きながら、歯を食いしばってでも頑張らなければと心に誓っている。

志を同じくする議員、区民の皆様と力を合わせて、都市計画道路の整備に全力を尽くす。




   

石神井公園周辺のまちづくり 防災機能向上の為に都市計画道路早期整備を