石神井公園駅周辺まちづくり その3 平成29年予算特別委員会(抜粋) まちづくり 練馬区議会議員 西山きよたか

練馬区議ウェブ議員新聞

石神井公園駅周辺まちづくり その3

2017年5月2日

まちづくり

西山きよたか

No.68

石神井公園駅周辺まちづくり その3 西山きよたか まちづくり ○西山きよたか委員 
私は、利便性の向上の観点から、再開発ビルに区民サービスにかかる機能を整備していくことは、大変結構なことだと思います。
区立施設の移設や石神井庁舎敷地の活用について、現在における区の基本的な考えをお答えください。


○企画課長
 現在、策定を進めております公共施設等総合管理計画の中で、既設配置の最適化方針というものを定めてございますが、こちらの中で駅の近くにまちづくりなどに合わせて区民の皆様が相談や手続をされるような機能を集約していくという方向性も出してございます。
こういった考え方から、石神井庁舎が老朽化している状況なども踏まえまして、現在、この石神井公園駅南口の再開発事業の中で、区の行政機能を移設していくということについて検討をしてございます。
 具体的に、現在検討しているのは、区民事務所、福祉事務所というところでございます。区民事務所や福祉事務所が移転をするとすれば、今の石神井庁舎の敷地につきましても、公共施設等総合管理計画の考え方を踏まえた周辺の施設の集約といった方向で、全体として区民の皆様へのサービスが向上するような施設の有効活用を図っていきたいと考えてございます。


○西山きよたか委員 
ぜひとも、検討段階から実施段階に進むことを望んでおります。非常に有効な活用方法でございますし、確かにおっしゃるとおり、石神井庁舎も大規模改修はしたのですけれども、それからもう時が大分経ておりますので、この期にいいものに建てかえていただければと考えていますので、ぜひとも実施、実現を図っていただきたいと思います。

 まちが活性していくためには、人が集い、人が行き交い、人が交流し合うことが重要だと考えております。ぜひとも、積極的にまちづくりを進めていただき、安全・安心でにぎわいのあるまちを実現させていただきたいと強く要望いたします。
再開発事業により、駅前環境が整備され、補助132号線や補助232号線の整備により、駅へのアクセス性が向上し、さらに駅から公園へと続く通りを歩きやすい道路として整備する。それらの相乗効果で石神井公園駅周辺全体が、誰もが訪れたくなるまちに変わっていくよう願ってやみません。

 石神井のまちがさらに発展し、数多くの方でにぎわうようになる街並みを、積極的にまちづくりを推進していただきたいと思います。引き続き、お願いばかりで申しわけないのですが、ご努力のほど、よろしくお願いします。私も約10年かかるのでしょうが、完成を待ちわびる一人の区民として、陰ながら応援させていただきたいと思っております。

 区役所前によく観光バスがとまっていまして、私も区役所へ来ると、どちらかというと、そのバスに乗ってどこかへ行きたいなと、温泉街に行きたいなと思うのですけれども、そういったところも、石神井公園にお持ちいただいて、また、あるいは北口を出れば羽田空港行きが出ていまして、私もよく使わせていただいているのですが、成田空港行きのバスも出していただきたいと考えております。

 時間がなくなってきましたが、石神井公園という言葉は、私は、議員生活18年になろうとしておりますが、多分、500回以上発言していると思います。恐らく、これをあと100回、200回発言できれば、そのころには南側の整備も進みまして、練馬区の中でもすばらしい駅の一つとなっていくと思います。引き続き、ご尽力のほど、何とぞよろしくお願いします。


    ―――――――――――――◇――――――――――――


その1はこちら
http://www.tokyo-nerima.giin-news.jp/News/view/665

その2はこちら
http://www.tokyo-nerima.giin-news.jp/News/view/666

平成29年予算特別委員会(抜粋)

○西山きよたか委員 
私は、利便性の向上の観点から、再開発ビルに区民サービスにかかる機能を整備していくことは、大変結構なことだと思います。
区立施設の移設や石神井庁舎敷地の活用について、現在における区の基本的な考えをお答えください。


○企画課長
 現在、策定を進めております公共施設等総合管理計画の中で、既設配置の最適化方針というものを定めてございますが、こちらの中で駅の近くにまちづくりなどに合わせて区民の皆様が相談や手続をされるような機能を集約していくという方向性も出してございます。
こういった考え方から、石神井庁舎が老朽化している状況なども踏まえまして、現在、この石神井公園駅南口の再開発事業の中で、区の行政機能を移設していくということについて検討をしてございます。
 具体的に、現在検討しているのは、区民事務所、福祉事務所というところでございます。区民事務所や福祉事務所が移転をするとすれば、今の石神井庁舎の敷地につきましても、公共施設等総合管理計画の考え方を踏まえた周辺の施設の集約といった方向で、全体として区民の皆様へのサービスが向上するような施設の有効活用を図っていきたいと考えてございます。


○西山きよたか委員 
ぜひとも、検討段階から実施段階に進むことを望んでおります。非常に有効な活用方法でございますし、確かにおっしゃるとおり、石神井庁舎も大規模改修はしたのですけれども、それからもう時が大分経ておりますので、この期にいいものに建てかえていただければと考えていますので、ぜひとも実施、実現を図っていただきたいと思います。

 まちが活性していくためには、人が集い、人が行き交い、人が交流し合うことが重要だと考えております。ぜひとも、積極的にまちづくりを進めていただき、安全・安心でにぎわいのあるまちを実現させていただきたいと強く要望いたします。
再開発事業により、駅前環境が整備され、補助132号線や補助232号線の整備により、駅へのアクセス性が向上し、さらに駅から公園へと続く通りを歩きやすい道路として整備する。それらの相乗効果で石神井公園駅周辺全体が、誰もが訪れたくなるまちに変わっていくよう願ってやみません。

 石神井のまちがさらに発展し、数多くの方でにぎわうようになる街並みを、積極的にまちづくりを推進していただきたいと思います。引き続き、お願いばかりで申しわけないのですが、ご努力のほど、よろしくお願いします。私も約10年かかるのでしょうが、完成を待ちわびる一人の区民として、陰ながら応援させていただきたいと思っております。

 区役所前によく観光バスがとまっていまして、私も区役所へ来ると、どちらかというと、そのバスに乗ってどこかへ行きたいなと、温泉街に行きたいなと思うのですけれども、そういったところも、石神井公園にお持ちいただいて、また、あるいは北口を出れば羽田空港行きが出ていまして、私もよく使わせていただいているのですが、成田空港行きのバスも出していただきたいと考えております。

 時間がなくなってきましたが、石神井公園という言葉は、私は、議員生活18年になろうとしておりますが、多分、500回以上発言していると思います。恐らく、これをあと100回、200回発言できれば、そのころには南側の整備も進みまして、練馬区の中でもすばらしい駅の一つとなっていくと思います。引き続き、ご尽力のほど、何とぞよろしくお願いします。


    ―――――――――――――◇――――――――――――


その1はこちら
http://www.tokyo-nerima.giin-news.jp/News/view/665

その2はこちら
http://www.tokyo-nerima.giin-news.jp/News/view/666









   

石神井公園駅周辺まちづくり その3平成29年予算特別委員会(抜粋)