貫井・向山の都道補助道路に新横断歩道設置 安全・安心 練馬区議会議員 米沢ちひろ

練馬区議ウェブ議員新聞

貫井・向山の都道補助道路に新横断歩道設置

2011年1月29日

安全・安心

米沢ちひろ

No.2

貫井・向山の都道補助道路に新横断歩道設置 米沢ちひろ 安全・安心  住民の要求が実り、貫井・向山間を通る都道補助133号線に新しい横断歩道が設置されました。 
 信号のない部分に、向山保育園や風の子保育園などに繋がる道が交差しており、杖をつく高齢者の方や小さな子ども連れの方も、自転車も、横断歩道のないこの交差点を横断する姿が多くみられ危険な状況でした。
  この道路が整備されたときから、住民や保育園の保育士・保護者のみなさんたちが、横断歩道と信号の設置を求める請願署名に取り組んできました。 
 米沢ちひろ区議も、都第4建設事務所や区議会の環境まちづくり委員会で、安全のために設置が必要と繰り返し要求してきました。 
 信号まではつかなかったもののようやく横断歩道の設置が実現し、地域の方や保育園の子どもたちが安全に渡れるようになりました。

 住民の要求が実り、貫井・向山間を通る都道補助133号線に新しい横断歩道が設置されました。
 信号のない部分に、向山保育園や風の子保育園などに繋がる道が交差しており、杖をつく高齢者の方や小さな子ども連れの方も、自転車も、横断歩道のないこの交差点を横断する姿が多くみられ危険な状況でした。
 この道路が整備されたときから、住民や保育園の保育士・保護者のみなさんたちが、横断歩道と信号の設置を求める請願署名に取り組んできました。
 米沢ちひろ区議も、都第4建設事務所や区議会の環境まちづくり委員会で、安全のために設置が必要と繰り返し要求してきました。
 信号まではつかなかったもののようやく横断歩道の設置が実現し、地域の方や保育園の子どもたちが安全に渡れるようになりました。




   

貫井・向山の都道補助道路に新横断歩道設置