自分の意思を 投票という形で訴える責任! 編集部発 練馬区議ウェブ議員新聞 編集室C

練馬区議ウェブ議員新聞

自分の意思を 投票という形で訴える責任!

2011年4月16日

編集部発

編集室C

No.15

自分の意思を 投票という形で訴える責任! 編集室C 編集部発 「東日本巨大地震」により被災された方々に
心よりお見舞い申し上げます。

【 自分の意思を 投票という形で訴える責任! 】

2011年 4月24日(日)は
練馬区でも統一地方選挙が行われます。
選ばれるのは、練馬区長 練馬区議会議員です。

東京都23区に於ける練馬区長とは・・・

区長とは区議会で決められたことに基づき、
実際に区の仕事を進めていく区のリーダーです。

今回の練馬区長選では、3名の立候補予定者のかたがおります。

練馬区議会議員とは・・・

練馬区の自治体や、区民の声をひろいあげて、
練馬区議会を通し、可能な限り区政に反映させる役割です。

練馬区議会議員も練馬区長も、
ともに練馬区民の直接選挙により選ばれ、
それぞれ独立した権限を持ち、
相互に協力して区政を運営していきます。

練馬区民の皆さまは、地域・福祉・介護・子育てなど、
身近で困ったことが起こった時に
どこに相談したらよいのか、
だれを尋ねたらよいのか、
とても悩まれることと思います。

練馬区役所の窓口に行かれて「管轄が違います」と、
幾つもの窓口をかけもちし、
たどり着くまでに、時間を費やされた経験のかたも少なくないことでしょう。

私自身、練馬の主婦である観点から申し上げますと、
区議会は、学校や幼稚園のPTA組織にも似ています。

学校や幼稚園、PTAによって、それぞれのカラーがあると思いますが、
我が子が健全に、学校・幼稚園生活をおくれるように、
PTAのかたが保護者の声を吸い上げてくれるのと同じように、
より良い練馬区を求めるのであれば、
練馬区議会議員さんに、ご自身の声を届けることです。

練馬区議の活動を区民に伝えるべき!と、
【練馬区議ウェブ議員新聞】へ記事の投稿をされている、一部の区議の方々は、

「何かあれば区民の皆さんに、いつでも相談に来ていただきたい。」と、口々に話されます。
とても些細な物事と感じても、
それが区政に参加していることに繋がるのです。

練馬区議会は、決して敷居が高いわけではありません。

練馬区で生活をしている、区民の一人ひとりが
「自分の意思を投票という形で訴える」
という、責任を持って 一票を投じる。

東日本巨大地震があり、日本の経済はもとより、
個人の意識も、大きく変わったかたも多いことと思います。

これからの練馬区には、何が必要なのか?

練馬区長選に於いて、練馬のリーダーを誰に託したいか?

身近な問題を、真摯に受け止めてもらえる練馬区議会議員は誰なのか?

練馬区民の皆さまが、ご自身の基準でキチンと判断をし、
しっかりと、見極めて、
投票していただきたいと思います。

ある議員は、「過去に、たった二票の差で、当選から外れました。
その時は本当に一票の重さを痛感しましたね」と、話されていました。

練馬区民、一人ひとりの皆さんに、一票の大切さを感じ取ってほしいと思います。

編集室(ち)

「東日本巨大地震」により被災された方々に
心よりお見舞い申し上げます。

【 自分の意思を 投票という形で訴える責任! 】

2011年 4月24日(日)は
練馬区でも統一地方選挙が行われます。
選ばれるのは、練馬区長 練馬区議会議員です。

東京都23区に於ける練馬区長とは・・・

区長とは区議会で決められたことに基づき、
実際に区の仕事を進めていく区のリーダーです。

今回の練馬区長選では、3名の立候補予定者のかたがおります。

練馬区議会議員とは・・・

練馬区の自治体や、区民の声をひろいあげて、
練馬区議会を通し、可能な限り区政に反映させる役割です。

練馬区議会議員も練馬区長も、
ともに練馬区民の直接選挙により選ばれ、
それぞれ独立した権限を持ち、
相互に協力して区政を運営していきます。

練馬区民の皆さまは、地域・福祉・介護・子育てなど、
身近で困ったことが起こった時に
どこに相談したらよいのか、
だれを尋ねたらよいのか、
とても悩まれることと思います。

練馬区役所の窓口に行かれて「管轄が違います」と、
幾つもの窓口をかけもちし、
たどり着くまでに、時間を費やされた経験のかたも少なくないことでしょう。

私自身、練馬の主婦である観点から申し上げますと、
区議会は、学校や幼稚園のPTA組織にも似ています。

学校や幼稚園、PTAによって、それぞれのカラーがあると思いますが、
我が子が健全に、学校・幼稚園生活をおくれるように、
PTAのかたが保護者の声を吸い上げてくれるのと同じように、
より良い練馬区を求めるのであれば、
練馬区議会議員さんに、ご自身の声を届けることです。

練馬区議の活動を区民に伝えるべき!と、
【練馬区議ウェブ議員新聞】へ記事の投稿をされている、一部の区議の方々は、

「何かあれば区民の皆さんに、いつでも相談に来ていただきたい。」と、口々に話されます。
とても些細な物事と感じても、
それが区政に参加していることに繋がるのです。

練馬区議会は、決して敷居が高いわけではありません。

練馬区で生活をしている、区民の一人ひとりが
「自分の意思を投票という形で訴える」
という、責任を持って 一票を投じる。

東日本巨大地震があり、日本の経済はもとより、
個人の意識も、大きく変わったかたも多いことと思います。

これからの練馬区には、何が必要なのか?

練馬区長選に於いて、練馬のリーダーを誰に託したいか?

身近な問題を、真摯に受け止めてもらえる練馬区議会議員は誰なのか?

練馬区民の皆さまが、ご自身の基準でキチンと判断をし、
しっかりと、見極めて、
投票していただきたいと思います。

ある議員は、「過去に、たった二票の差で、当選から外れました。
その時は本当に一票の重さを痛感しましたね」と、話されていました。

練馬区民、一人ひとりの皆さんに、一票の大切さを感じ取ってほしいと思います。

編集室(ち)






   

自分の意思を 投票という形で訴える責任!